奉納という言葉が適切か、わかりませんが、私の表現が向かう先は自然との対話と感謝、災害の鎮静を願うものというのが一番しっくりくるというと、なかなか理解されないこともあります。それでいいのです。誰も観なくなっても、表現をする意味を自分が納得できさえすれば。私 ...

作品作りをする人々は、何かが降りてきたような体験を少なからず感じたことがあるかと思います。私も舞台上で舞台の神様に会い、作品の振り付け中に、亡くなった恩師の情熱が降りてきたこともあります。脚本を書いている最中や、歌の歌詞を書いている時も、その何かは度々降 ...

朝から近隣の林や自然が豊富な公園、神社を梯子する日々が始まりました。2月の後半から、新型肺炎の世界的な流行という、歴史に残る危機を経験し、一時的に活動を停止した数ヶ月、私の心が辿り着いた先は、自然との対話でした。このような事態になる前から、「踊りは祈り」 ...

このページのトップヘ