続きです。シマール女史の行動力と信念に感銘を受けた私は、緊急事態宣言が解除されたある日まっさきに木がたくさん生えている場所へ、歩いていきました。そこは、ご縁があって舞台芸術作品のモチーフにした神社なのですが拝殿にむかうといつも、爽やかな檜の香りがします。 ...

続きです。アーティストとして生きることについて。私が考え、実行したことを書きます。大前提として、第一章で書いたことを無視せずに出来ることを、今後も考え続けなければならないと思っています。環境のこと、人種差別のことを、芸術においてはそれは別問題!と、傍に追 ...

続きです。差別の問題は根が深く、誰もが無意識にしていることなんだと、私は気がつがなかったのです。この根本について考えてみましたが、能力の差、知能や体力の差、体型、性別、年齢、国…人を何かで分類する歴史はあまりにも長く、繰り返されてきたため、本当に、本当に ...

このページのトップヘ