はじめまして。

Yuko Ballet Foundations 主宰の藤田 優子です。



Broadway Dance Centerクレ・デュ・バレエ、そのほか都内のダンススタジオで、バレエ教師をしながら、創作、自主公演活動を行なっています。



この活動を始めるきっかけとなったある出来事について、ここに記しておきたいと思います。



オープンクラスにやってくる、社会人の生徒さんが、ある日、意を決したように私のところへ来て、こう言いました。



とても踊りたいのだけど、踊りとどうむきあったらいいのかわからない。

表現したいものが思いつかない。

それに、このまま踊りを続けていても、自分はプロになれる歳じゃないし、仕事も大事なので、踊りだけに集中する事はできない。

踊りが好きなのに、何も残らない。

でも、踊りたいと強く思っている。

まだ、やり切っていない気がする。



驚きました。

そんな風に思っていただなんて。

多くの方は、こんな時、仕方ないと諦めるのかもしれません。

そして多くの指導者は、このような言葉を聞くと、踊りはそんな気持ちでやるものではない!と、憤りを感じることもあるかもしれません。





本人も、その気持ち、感情を、うまく整理できていないようでしたが、その様子や表情は、踊りへの渇望でいっぱいで、私には充分すぎる訴えでした。


この気持ちを、拾ってみよう。

拾いたい。

そしていつかこの気持ちを作品にして、彼女が踊ればよい。

そう思いました。



とにかく、そのひとりの社会人ダンサーの思いに突き動かされ、創作を始めたのがきっかけです。



動き始めると、あっという間にダンサーが集まり、作品の構想が仕上がり、子役にジュニアの生徒が加わり、私が子供の頃にお世話になっていたバレエスクールのOGが加わり…



2019年 11月29日の第1回公演
に向けて、スタートをきったところです。



Yuko Ballet Foundations は、社会人ダンサーや、これからプロのダンサーへキャリアチェンジを目指す人達の為の研究の場として、基礎の積み上げから、メンバーで構成された公演の実施までを目的として、活動していきます。



秋雨の日曜日。

決意と共に、ご挨拶とさせていただきます。



B1A4EF03-C4A0-45AA-B7BD-06D05F21FE98




藤田 優子