こんにちは。
今日は、上達したい!プロになりたい!そう思うダンサー達が、自分でモチベーションが保てるようになるために、
横で見守りながら、私にも何かできることがないかな…と日々考えてきて、
そしてやっと、少しわかったことを!

今日は、パドドゥレッスンで、特別講師の先生をお呼びしてのレッスンでした。
IMG_4077
特別講師 岡脇 柚太加先生

海外のバレエ学校で学び、ダンサーとしても現役。
そして、たくさんの優秀なバレエダンサーを世界のバレエ団へ飛び立たせる
すんごいバレエスクールの校長先生です。

そんな先生のご指導は、何を目指すべきかの指標となり、
どんなに難しく、例えその場ですぐにできなかったとしても、
生徒が今、何をしなければならないかを目で見て感じ、
時には触って、そして一緒に踊って学ぶことができるだなんて、本当に貴重な経験です。
そして、なんて素晴らしいことなんでしょう!

生徒達、実は先生が帰られた後にものすごく練習しています。
できなかったことを、何度も何度も練習しています。
わからなかったことを、わかるまで、私に質問してきます。

私が彼女達の役に立てる部分は、ここなんです。
難易度を下げに下げて、その本質がわかるまで本人の性格や体の特徴と根気よく付き合い、
噛み砕いて理解度を深めること。
なにせ、生徒との間には、強〜い信頼関係がありますから!

モチベーションを保つためには、楽しくないと正直なところ難しいです。
心から好きでないと難しいです。

楽しいと感じたり、心から好きになるのは、あ!私できる!とか
できなかったことができるようになった!という実感がないと、難しいですよね。

できないことをできるようにするのは、本人の努力だけでは辛すぎますもの。

できるんだ!と実感できる体験を、生徒のうちに何度も何度も作ってあげれば、
あとは自分で、明るい方向に向かって動き出します。

今日、残って猛練習していた生徒さんは、わかった!できた!と言いながら
それに比例して、今までよりもバレエが好きで好きで仕方なくて、
いつまででも練習したい!もっと練習したい!と言ってくれました。

この経験は、彼女たちがこの先、プロの厳しい環境下にあっても、きっと思い出せる成功体験になるはず。

私ひとりじゃ出来ません。
指標を指し示してくださる先生がいて、
身体のことを根本的に見てくださるATの先生がいて、
できるんだ!ってことをわかってもらい、
楽しいことなんだ!とわかってもらえるような指導の仕方を教えてくださる、エモーショナルトレーニング の水井先生がいて、
他にも応援してくださり、尊敬できる多くの先生方がいて、
そして、かわいい生徒たちがいて…
初めて分かりました。やっと繋がりました。


あの時、できたんだから!また絶対できる!
その積み重ねの先に、努力は楽しい!と感じられる人が育つのかもしれません。  
みんな誰かの力を借りたり、思考をシェアして、影響しあって生きているんですものね。

FullSizeRender
ずっと応援するよ!



Yuko Ballet Foundations
藤田 優子