こんにちは。
今日は、バレエの歩き方、走り方について。

面白いなぁと思ったことは、歩き方と走り方もやるんですよ!というと、
生徒さんの殆どがなんとも言えない表情をみせてくれます。

苦手なんだね…笑笑笑笑

舞台の上は物語の中ですので、その中の登場人物も、物語、夢の中の人。
つまり、非日常なんですよね。
ということは、日常の歩き方とは全く違ったことをし続けることになるわけです。
みんな、それはよくわかってるんですよね。
だから、やらなきゃ!と思う。
そうすると、イメージばかり先行して、とっても不自然な歩き方、走り方になってること
ありませんか?

歩くときの足の運び方、膝の使い方、脚全体の使い方、上体の使い方、
これらは全部バーレッスンの中に入っているものの応用で補えますが…

が…

バーレッスン。そもそも正しくできてるのかな?
これは、私自身毎回疑問に思っていることです。

昨日のリハーサル前に行った90分の基礎レッスンでは、
トウシューズを履いてプリエ、タンデュ、オン・ポアントのレッスンを
足の指の使い方にこだわり抜いてやる!という内容にしました。

その後センターに入って、パドブレで進むだけというのを始めたら…
本当に驚きました。

細かく、膝の間も空くことなく、すーっと真っ直ぐに、進む生徒さん続出((((;゚Д゚)))))))
ここで初めて、本人達が自覚するんですね。
基本がわかって、できたら、色々なことに活かせる!上手になるんだ!(((o(*゚▽゚*)o)))♡

その後、自転する、ストゥニューするなどを足すと、あらあらあらと崩れるのですが笑笑
この落差から私も学びました。

トウシューズを履いて美しく歩く、走るための根本的な練習と、実践のためには
どんなレッスン内容を展開すればよいのか…
そして、子ども達も、大人達も、基礎レッスンをつまらないものと思わず
前のめりに取り組める環境とは、こういうことか…

バレエの歩き方、走り方には、バーレッスンの中のどんな要素が入っているのでしょう?
そして、そのひとつひとつを、正しく理解し練習するためには、どうすればいいのでしょう?

当たり前のことのように思えますが、その環境が整っていさえすれば、
歩くよ!走るよ!といっても、みんなが毎回渋い顔をしなくてすむかも???
IMG_4186



Yuko Ballet Foundations
藤田 優子

祐天寺のバレエ教室
クレ・デュ・バレエ