こんにちは。
今日は、バレエとミュージカルのコラボレーション。
子どもも大人も、初心者も経験者も、一緒に舞台に立ち、客席を湧かせられる舞台にするには?
と、考えて、試してみて、出た結論を実行する!というお話を。

今年の年末の公演は、バレエナンバー、ジャズナンバー、ミュージカルナンバーがミックスされた構成にしました。

作り始めた頃は、思いもよらなかった事でしたが、来てくださるお客様を喜ばせたいな…と思った時に、
出演者や関わってくれる先生達が、楽しんで出来ること、得意なこと、好きなこと
これらをミックスしてみようかな…と思い立ち、試したところ、素晴らしいものが出来上がったのです。

歌唱指導が始まった時、一人の生徒の歌声が歌唱の先生の心を掴みました。
その歌声や、歌に込められたシーンを、もっとわかりやすく客席にお届けしたいと思い
ジュニアの生徒達にお願いして、歌とあわせてバレエを振付てみたところ…
想像以上のかわいさ!
世界がひろがりました。

セリフのないバレエの世界。
よほどのテクニックがないと、客席を引き込むのは難しい。
そこに挑戦し続け、違うやり方も模索した結果、生徒達のもっとやりたい!楽しい!が花開きました。

来年は、くるみ割り人形のバレエ、ミュージカルにチャレンジします。

また急に言い出したかのようですが、これも何年も温めてきたアイデアで、準備も虎視眈々とすすめてきました。

だからこそ、やり出したら早いんです。
スタッフもそろっています。

このメンバーだもの…
ちらっと話しただけで、同じ気持ちで動いてくださる先生達。
生徒が舞台で輝くことを第一に考え、お客様を喜ばせることを最優先に舞台に立ってきた先生達。

私には何ができるかな。
存在を知っていただくために、コツコツと出来ることを丁寧にやり続けたいと思います。

Yuko Ballet Foundations 祐天寺スタジオ
Ballet Arts Theatre in Shonan 江の島スタジオ
祐天寺のバレエ教室 クレ・デュ・バレエ
藤田 優子