こんにちは。藤田優子です。 
今日は、先日やっと!やっと!開催に至りました。
水井 博子先生による、エモーショナルトレーニング ワークショップの第二弾が、クレ・デュ・バレエのスタジオで行われました。

今回のワークショップを、一言で表すと…

深い!

という感じです。

逆に、浅いと言われることがある私は、このどこまでも深く知ることが出来るんだ!という
豊かな発想、柔軟な発想を踊りに取り入れられる、水井博子先生のワークショップが大好きです。

表現の中で、もっと出して!とか、やり過ぎとか、わざとらしいとか、薄っぺらいとか
評価されることって、プロの表現者を目指していたら、何度か経験しますよね。

そんな時、深め方ってわかります?
じゃあ、どうすればいいか、わかります?

私はたくさん考えたり、工夫するのが好きな方ですが、これは考えつかなかった!
と思う内容がたくさんありました。

その内容を、水井博子先生からしっかり教えてもらった私はラッキーです!

子ども達は、ヒトではないものになって踊り、
キラ子達は、男女の愛、三角関係、人間関係を題材にした 
リベルタンゴを!
このタンゴ、ワークショップの前日に、ものすごい緊張感の中で振付を行なったものです。

前日は、お世話になっているパドドゥクラスの岡脇 柚太加先生と、千葉 みなみ先生が激励に来てくださり
なかなか振付通りに踊れないキラ子とキラキラ太郎に、全員で苦笑いしていたのですが…

ワークショップ当日は、やってくれました!!
水井先生初見のタンゴも、振りを間違えることはなく、
当たり前と言えば当たり前ですが、一気にそこに到達するわけではないので、
今までにないスピード感は、なかなか良かったです。
ミニキラ子のジュニア達が、タンゴに釘付けになって、すごい…と言っていたのを
私は聞き逃しませんでした。
IMG_5051
IMG_5052
IMG_5054


でも、その後の水井先生のアドバイスで、ぐんぐん変化が生まれました。
みんな、自分の感性を出し切ることに慣れてないんですね。
もっと出して!って、つまりこういうことですね。

素晴らしかったです。
そして、爽やかなキラキラ太郎は、セクシーな大人の男になりました!

実は、歌のナンバーもあったのですが、このキラ子はものすごく頑張り屋で…
でも、頑張り屋すぎて必死すぎちゃうんです。
ほっと、自分に立ち戻る瞬間を経験し、その場にいた全員が涙するような
自然で、本物の表現者になりました。

頑張りすぎて、大事なところが空っぽになってることって、あるんですよね。
本人は、頑張ればいい!本気出せばいい!と思っているから、気づかないんですね。
本気出さなくていいわけではないけれど、リラックスできてるって大切なことなんだなぁと
見ていて思いました。

水井博子先生の、このすんごいワークショップ!私達は、次回8月の合宿の後です!

ワークショップ翌日から、水井先生の秘密兵器でトレーニング開始しています。
小さな成長…毎日、毎日、コツコツ進んでいきます!

水井博子先生、ありがとうございました!
また8月、宜しくお願い致します!

水井博子先生のサイトは💁‍♀️こちら
水井博子先生のブログは💁‍♀️こちら

プロの世界で活躍したいダンサーのスクール
子どもから大人まで楽しくダンスを学ぶスクール
藤田 優子