こんにちは。藤田優子です。
テーマパークダンサー、ミュージカル俳優、子どものための優しいバレエを指導しています。今日は、生涯心に残るであろう記念すべき出来事が起きました。
大人からダンスを習い始め、私のクラスにバレエを習い始めてから2年足らずの生徒が、某テーマパークダンサーのオーディション 書類審査を通過しました。
テーマパークダンサーは、ものすごい倍率のオーディションをくぐり抜けなければ、
あの夢の国のエンターテイナーにはなれない、非常に厳しい職業です。
求められるものは、その時その時で変わります。
どんなにダンスが上手でも、どんなにスタイルが良くても、受からないことはよくあります。
そのオーディションに一歩踏み出すということ。
大人になってからダンスを学び、自分の表現力で人を感動させる技術なんて、ひとつも知らなかったあの子が…そんなに厳しい世界の第一歩を踏み出すだなんて…
我が生徒ながら、本当にここまでよく進んできました。素晴らしい。
けれども、これからがもっと厳しい。
実技オーディションでは、かなりの人数が振り落とされます。たった数十秒踊り、次に進めるかどうかが一瞬で決まるんです。
そのオーディションの場に進むために、何年も何年も、小さい頃からずっと磨き続けてきた精鋭達と肩を並べて踊るのだから、人として魅力的であれ。人として輝いておくれ。まず、人として。
他人と自分を比べて優越感、劣等感を持つのではなく、結果だけをみて物事を判断するのではなく、強く優しくあたたかい、一流のエンターテイナーを目指しておくれ。
健闘を祈ります。

YukoBalletFoundations 祐天寺スタジオ
Ballet Arts Theatre in Shonan 江ノ島スタジオ
藤田 優子