こんにちは。 藤田 優子です。
テーマパークダンサー、ミュージカル俳優オーディション対策、子供の為の優しいバレエを指導しています。

先日から、スーパーキラキラダンサーズがオープンクラスのレッスンを受ける様子を
客観的に見るという実験をしています。


私のクラスは、レッスンというより授業に近いところがあり、インプットだけでは終わりません。
ダンサーがレッスンで学んだ事を、自ら発信してもらい、それを仲間が聞いて理解できるレベルまでに
自分の中でも理解できているかどうかを確認する、アウトプットのトレーニングも頻繁に行って行きます。

先生から教わるのが当たり前になっていると、応用が利かなくなってしまうのです。

そんな経過をたどって、オープンクラスに参加したメンバーからの、感想、フィードバックには
大きな成長が見えました。

こういうアドバイスを受けたという報告だけではなく
そのアドバイスに対して、自分はどう思い、実際にどうやって目標に進んでいくのかを人に伝えて、
相手が納得するレベルでアウトプットする事は大切です。
最初から上手に出来なくても良いですから…
チャレンジすること。

印象的だったのは、私はこうしたい!こうしようと思うという、自分達なりに検証している様子が見えたこと。
そして、ついていけていないことについての疑問です。

実は、疑問に思って欲しい部分がたくさんありました。

オープンクラス、カンパニーレッスンは、養成所じゃないので
わかっていることが前提で物事が進みます。

例えば、ジャズクラスのウォームアップは、先生によって様々で、何のためにこのストレッチをし
何のためにこの動きをするのか、謎なものがたくさんありますよ!
初めて受ける場合は特にそう感じるでしょう。

多くは、その後先生のコンビネーションを踊るために構成されていますので、
先生の頭の中を踊ることにも慣れないと!ということだと思います。難しいね!

そこは普段、身体の勉強をし続けている粟国先生、干場先生、まぁ僭越ながら私もですが
そんな先生たちから、わかりやすく、個別に、自分の身体の特徴に見合った内容で、
そして効果検証、経過まで見てもらっているスーパーキラキラダンサーズには、疑問に思って欲しい部分です。

その謎な部分を自分にとって、プラスに働かせていけるように
知識、経験、新しく自分で調べることも加えて、解決してみてください。

そして、どんな振付が飛んできても、自分のポテンシャルを出せる状態にするには?
これを、身につけてみてください。

初めての場所、初めて会うダンサー達、初めて会う先生、
君たちを溺愛している優子先生はいない!笑笑

後ろでニヤニヤしながら分析していました。
多くのことが見えました。
でも、簡単には教えません。
自分で気付いた方が、100倍楽しいからね。

Yuko Ballet Foundations 
Ballet Arts Theatre in Shonan 
藤田 優子