こんにちは。
藤田優子です。
プロフェッショナルダンサーの育成と、子どもの為の優しいバレエを指導しています。

今日は、私がこの仕事に携わる限り一生付き纏うであろう、芸術の価値について感じたことを。


当スクールの公演を控え、毎日悩みはつきません。

有料公演なので、生徒も私もお客様にチケットを買って頂き、パフォーマンスを披露致します。
ダンサーにとっては、このチケットノルマが本来収入源です。
生徒のうちは、自信を持ってチケットを売る事、自分の踊りに価値があるとなかなか思えず
このチケットノルマに日々、悩まされます。
この問題、簡単に回避できませんよね。

さて、お客様の目線になって考えてみます。
お客様は、ダンサーひとり当たりにどれくらいのチケットノルマがあるかなど、関係ありません。
一人前のダンサーになるために、どのくらいの年月、どんな内容のレッスンが必要か、知らない方が殆どだと思います。
けれども、磨きぬかれていないものには、魅力を感じられない、心が動かない。
これがお客様の本音だと思います。

お客様にとっては、舞台上のダンサーのパフォーマンスが全て。
その裏側を知りたいと思うのは、輝いているダンサーに、客席からロックオンされた後の話ですよね。
ファンになるってそういう事ですよね。
その逆も然り。素敵だなと思える考え方、発信や発言を先に目にして、
こんな素敵な方の舞台なら観てみたい!と思うこともあると思いますが、
そういった方は殆ど舞台上で既に経験を積み重ね、だからこその発言や発信が光を放っているのですもの。 

舞台人は嘘はつけません。
舞台に立ったら、丸裸だから。

言わば熟達していない芸術は、自己満足。
そこに対価が支払われる価値はない。
もしかしたら、これが一般的な感覚ではないでしょうか?


ところが…芸術の価値は、常に人が決めるものなので、定義が曖昧です。
さもこれだ!と言わんばかりに断言されている印象もありますが、実は曖昧なんです。

美しいとされるトレンドも、どんどん変わり続ける日々。
容姿の美しさだけにとらわれるのも、そろそろ終わりという時代です。
依然として、特にクラシックバレエの様式美に価値があることはわかります。

が…
根本は、利益を生むのか、生まないのか。
究極、人の役に立つのか、立たないのか。
という話だと思います。

誰かの役に立ったとしても、実際は支援や助成を受けなければ成り立たないほど、舞台には費用がかかります。


そこで考えました。
ダンスは人の役に立つのか?
人の役に立つとはいったいどんなこと?
生徒たちが踊って、喜んでくださる人はどんな人達?
そこに価値はある?
生徒にとっても、やってよかったと思える機会になる?

それで、老人ホームや施設への慰問パフォーマンスに乗り出したのです。
劇場や、テーマパークに自ら出向けない方のところへ、お届けする事を始めたのです。

そこで磨きに磨き、本気のパフォーマンスを見せられてこそ、
そのダンサーの価値はあがるのではないかな…と、考えました。
簡単ではないことは、わかっています。

その矢先にオファーを頂き、子ども達と、スーパーキラ子が踊らせていただく事になりました。

はなもも苑さまでの様子はこちら

子どもは、そこにいるだけで心ときめく存在。
どんなに未熟でも、入所者様には喜んでいただけます。

ところが、大人という存在は、大人というだけで成熟したものを求められるもの。
特に芸術の世界は。

私が用意できるのは、機会だけ…
チャンスを見出し、掴むのは、ダンサー自身の熟達度や人間的な魅力にかかっているので
その先は、祈るしかできませんが、毎日、毎日、祈っています。

そして、ゆっくりでも出来ることを行動していきたいと思います。

Yuko Ballet Foundations 
Ballet Arts Theatre in Shonan 

藤田 優子