続きです。

まず、今起きていることの原因が、私たち人間の行動によるものだとして、
それがどんなことを指しているのか…私が調べ、学び、感じたことをまとめておきます。

もしかしたら、間違っているかもしれません。
私は専門家ではなく、参考にする意見としては信憑性に欠け、信頼してもらえるほどの経験はありません。
それを前提としてお読みください。

これは、私の主観ではなく、森の研究をしている科学者や、世界で保健師として活動している方の見解
そして、ネイティブアメリカンの文化と歴史から
今起きている出来事に紐づけて、考えてみたことです。


まず、多くの感染症の経路、その元は、野生動物との接触にあると言われています。
これが何を意味しているか説明するときに、森と環境保護の話をしなければなりません。


地球上に生きている生物は、人間だけではないことをわかっていながら、他の生物の生態系を意識した
継続可能の社会生活をおくれている人は、殆どいません。

殆どいません。
そうはっきり言える理由は、この感染症の広がり方をみれば明らかです。

自分の周りにいる人の健康さえ、気遣えないのですから。
そもそも、気遣い生きるという習慣をなくしてしまった。人間にとって、その歴史が長いのだと思います。

テクノロジーは確かに進化しました。
でも、そのテクノロジーが悪用される脅威に怯えながら使わなければならないのもまた事実です。

つまり、発展しすぎたテクノロジーを利用できるほどには、人間の精神は発展できていないということになります。

脅威が常にある。それを知りながら、支配されていくのです。

そして、そのテクノロジーは、今なお広がり続ける感染症から、我々を救うことはできません。
今、一番必要なものなのに、できないんです。
もう、テクノロジーの発展に疑問を持たなければならない段階ではないかと
私は感じています。

一方で、その使い方によっては、これから起きるであろう危険を回避し、その方法を拡散することもできます。
ただ、良いことはなかなか広まらず、悪いことは瞬時に広まります。
まるで感染症のように…

話を戻します。

野生動物との接触が、何故起こるかについてです。

疑いようもなく、森林を伐採し、原生林を切り開き、水源を汚し、野生動物の棲家を私たちが奪ったからというのが理由です。

野生動物は、多くのウィルスを保有しています。
そしてそのウィルスが人間に感染すると、突然変異を起こし、アウトブレイクに繋がるのです。
SARS、そしてMARS。
これらは、コロナウィルです。
今回、世界中でアウトブレイクを引き起こしている新型コロナウイルスと同じく、
野生動物から人間に感染したウィルスです。

医師が120人ほどしかおらず、医療設備も不十分な国で、SARS、MARSは猛威をふるい、11人の医師が命を落としました。
これが何を意味するか、もっと早くに調べて、知るべきでした。対策を取るべきでした。
もう、後はありません。

何故、森林伐採や原生林を切り開くことになるのでしょうか。
これは、私の考えですが、人間の競争が主な理由ではないかと思います。

その競争をやめることは、不可能でしょうか。
そもそも、こんな目に遭ってさえも、その競争は本当に必要でしょうか。

人より優れ、人より良い生活を送り、人より多くの富や力が必要でしょうか。
世界中が命の危険にあっても、本当にそれは必要でしょうか。
気付き始めている人は、大規模なデモを起こしているようですね。
また、別の方法で行動を起こしている人もいるでしょう。
私もその決意をした一人です。

さて、競争について。
いくらでも理由づけをして、必要性を唱えることはできます。人類はそれを繰り返してきました。

競争がなければ、文明は発展しなかった。
テクノロジーは発展しなかった。
安全に便利に生活できなかった。
情報は得られなかった。

確かにそうですね…

その結果、人種差別や貧富の差、児童労働、人身売買、独裁政治、テロが起きていることには、目をつぶって。

平和のために、継続可能な社会生活のために、私たちの知恵を使いこなせていたならば
今、こうはなっていないでしょう…

続く。