こんにちは。
藤沢市のバレエ教室 バレエアートシアターin湘南 主宰の藤田優子です。

今日から12月。
2020年の12月でございます。

昨日は絵本の日だったそうで、私は3冊の絵本を新たに購入しました。
バレエアートのバレエ準備クラス プレバレエクラスでは、絵本の読み聞かせからスタートしております。
これは何故かというと、バレエアートで子どもさんに提供するバレエは、ある意味バレエだけが主役ではないからです。
絵本の読み聞かせを通して、子どもさんとの信頼関係を築き、口頭の指導を行う際に必要な語彙力を伸ばすことを目的としています。

私の方でも、その子がどんなことに興味があるのか、どのくらいの速さで喋ればわかりやすいか、表現することに不安はないか、迷いはないか
情報収集するのにとても役立っています。

バレエだけ教えていればいいとは思っておりません。特に導入においては…

子どもさんにとって、1番大切なことは、バレエを通してその子の人生が豊かに彩ること。
それがバレエでなくてもいいと思っているので、違うかも?と思ったら、別の道に切り替えることをお勧めします。

バレエアートでのレッスン中も、時にはレッスンを中断し、教室の窓から見える片瀬海岸の夕陽や虹を見て、心から感動したり、それを歌にしたり、踊りにしたりしています。
もちろん、バレエ教室なので、レッスンマナーや、人としてのマナー、正しい立ち方や、プリエ、タンデュの練習が大切なのは当然ですが、
それは安全にバレエを行うため、本質を知る、体験するためにあるもので、教室が有名になるために!や、生徒が競争に勝てる、優秀なダンサーに育つために!やるものとは思っておりません。

今日は、バレエアート専用のくるみ割り人形をお迎えに行きました。
ドイツから届いた特注品です。

本物に触れて欲しい。
そう願いを込めて、バレエアートの生徒たちに贈ります。

メリークリスマス。
いつの日も、豊かな心で自分を信じられますように。

Ballet Arts Theatre in Shonan 
江の島スタジオ
藤田 優子